青菜はベジタリアン。土鍋を使って野菜料理を作るのが大好き!土鍋って遠赤外線効果でなんでも美味しくしちゃうってしってた?!
ベジタリアン     レシピ     育児     料理     健康
   

私はベジタリアン。昨年自然分娩で愛娘を自宅出産。我子の成長。
お爺ちゃんの七山産無農薬野菜。土鍋でベジ料理・・綴ります


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の晩ごはん


今日の≪作り置きメニュー≫は、『にんじんの塩炒め』です。

にんじんの塩炒め

☆材料☆
にんじん:300g
・ごま油:大さじ1杯
・塩:小さじ1杯


☆作り方☆

1.にんじんを細く千切りします。
にんじんの塩炒め1
2.フライパンにごま油を大さじ1杯敷いて、にんじんを炒めます。
3.塩を加えて更に炒め、にんじんがしんなりしてきたら出来上がりです。

※にんじんをじっくり炒めるのでとってもあま~くなります。
 にんじん嫌いな私の妹もこうすれば美味しく喜んで食べてます。σ(~~~、)ムシャ ムシャ/span>


☆豆知識☆
『にんじん』には、カロチン、ビタミンA、カリウム、食物繊維、カルシウム、鉄分、リンなどが多く含まれているそう。
『にんじん』は、活性酸素の働きを防いでくれたり、ガンの予防・抑制にも効果があるようです。他には老化防止、肌や目に良いなどこちらも毎日摂取したいお野菜ですね!d(-_^)good!!

スポンサーサイト

関連タグ : にんじん,


今日の晩ごはん


今日の≪作り置きメニュー≫は、『わかめのふりかけ 』です。
わかめ』には摂っておきたい栄養素がたくさ~ん含まれていることを知り、毎日手軽に食べれるようにふりかけを作りました。


わかめのふりかけ

☆材料☆
・塩わかめ
・ごま油:大さじ1杯
・醤油:適量
・すりごま


☆作り方☆

1.わかめは塩抜きし水を切り、ある程度水が切れたら包丁でできるだけ小さめに切ります。
2.フライパンにごま油を敷いてわかめを入れ炒めます。
3.わかめがパラパラになってきたら醤油を入れて全体に絡めて火を切ります。
4.最後にすりごまを加えて全体に混ぜ合わせれば出来上がりです。



☆豆知識☆
こちらを見てね(b^ー゚)

関連タグ : わかめ,


今日の晩ごはん


今日の≪作り置きメニュー≫は、『つくしの油炒め』です。
先日おじいちゃんが、七山につくつく生えてる『つくし』いっぱい採ってきてくれました。七山で採れる『つくし』はとても肉厚で美味しいんですよ。

我が家では、昔からつくしんぼの頭の部分も食べていました。
苦味があるのですがそれが癖になるのですぅ。→頭部分は余り食べない方が良いとも聞きますがどうなんでしょう??(¬、¬)


つくし3


☆材料☆
つくし:3合深鍋に入るだけ (⌒~⌒) ニンマリ
・ごま油:大さじ1杯
かるなぁ和風だし:大さじ1杯
・薄口醤油:大さじ4杯


☆作り方☆

1.つくしは水にさらして袴をとります。
※袴取りってめんどくさいし指が黒くなって嫌ですよね。
 水に一時つけてから袴をとると取りやすいし指も余り黒く汚れなくてすみますよ!
2.土鍋にごま油を大さじ1杯敷いてつくしを入れ炒めます。
つくし1
3.しんなりしてきたらかるなぁ和風だしを大さじ1杯と薄口醤油を大さじ4杯加えてさっと煮れば出来上がりです。
つくし2



☆豆知識☆
マクロビオティックの創始者桜沢先生の本に、『つくし』の茎の茶色の部分はカルシウムをとても多く含んでいると読んだことがあるのですが、ネットでザッと調べてみると・・・、カリウム、カロチン、食物繊維などが豊富に含まれているようです。
カリウムは高血圧の人にはいいのですが、私は低血圧の方なので余り取らない方が良い栄養素です。
カロチンは体内でなんとビタミンAに変わるそうですよ!ビタミンAというと美肌に良いでしたよね!!(э。э)bうふっ
その他には、花粉症対策に良いと最近注目されているとか。
つくし

関連タグ : つくし, かるなぁ, 和風だし,


今日の晩ごはん


今日の≪作り置きメニュー≫は、『ふきのとう味噌』です。
おじいちゃんが山から『ふきのとう』をいっぱい採ってきてくれました。さっそく『ふきのとう味噌』を作りました。
これを食べると良い母乳が出るようです。(^o^)v

ふきのとう味噌

☆材料☆
ふきのとう
・米味噌
・ごま油


☆作り方☆

1.ふきのとうは5mmくらいに切ります。
2.土鍋にごま油を敷いてふきのとうを入れ炒めます。
3.しばらくするとしんなりしてくるのでそのまま水気がある程度なくなるまで炒めます。
4.味噌をふきのとうの2/3くらいの量入れ全体に混ぜ合わせます。味噌にも火が通って全体に馴染んできたら出来上がりです。



☆豆知識☆
『ふきのとう』は、胃腸の消化を助け、食欲を増進させる効果がある様です。解毒作用があり、ビタミンAを含んでるので美肌効果も!
火を通して食べることで新陳代謝に良い成分に変わるとか。他にはカリウムやカルシウムなどのミネラルを含んでいるようです。


関連タグ : ふきのとう,


今日の晩ごはん


今日は、昆布出汁の美味しいとり方≫を紹介します。
火を入れないので簡単です。上品な味の出汁に仕上がります。d(-_☆) グッ!!



☆材料☆
・だし用の昆布
・水


☆作り方☆

1.土鍋にだし用の昆布と水を入れます。
  ※昆布は、多めに使って濃い出汁をとった方がお料理が美味しく仕上がります。
昆布出汁のとり方

2.そのまま4時間程おきます。

※作った昆布出汁は昆布と一緒に容器につめて冷蔵庫に入れておくと何日か持ちます。

☆豆知識☆
プラスティックの容器や土鍋以外の鍋で出汁をとったことがあるのですが、良い出汁が作れませんでした。やっぱり土鍋が一番です。(o~ー~)
うちのお祖母ちゃんは、小さなビンに昆布と水を入れて、そのまま冷蔵庫に保管してました。
使いたいときにサッと冷蔵庫から出して手軽に使えるので便利です。


関連タグ : 昆布出汁,


今日の晩ごはん


今日の≪作り置きメニュー≫は、『ひじきれんこん』です。
これは、マクロビオティックの基本食の中にも入ってるお料理ですね。
私はマクロビアンではないですが、マクロの基本的なお料理は体調を整える時などに役に立っています。d(-_^)good!!


ひじきれんこん


☆材料☆
ひじき:90g
れんこん:200g
・薄口醤油:大さじ4杯
・ごま油:大さじ1杯
・昆布出汁:適量  → 昆布出汁の美味しいとり方


☆作り方☆

1.ひじきは洗って水を切っておきます。れんこんは薄くスライスします。
2.土鍋にごま油を大さじ1杯敷き、火を付け中火にして、ひじきれんこんを入れて炒めます。
3.しばらく炒めたら昆布出汁を具が浸るくらいまで入れ薄口醤油で味をつけます。
  ※薄口醤油は大さじ4杯入れましたが使うお醤油で辛さが違うので加減して味をつけてください。
4.汁が少なくなるまで煮たら出来上がりです。



☆豆知識☆
ひじき』は、カルシウムマグネシウム、鉄分、植物繊維を多く含んでいるそうです。
ビタミンAも豊富で美肌になれそ~!
他には・・・
・骨や歯が強くなる。
・肩こり解消。
・動脈硬化や高血圧にも効果的。
・血液の循環が良くなる。
・老化防止に。
・貧血に良い。
・髪に良い。
・免疫力の増加。
・疲労回復。
・便秘に良い。
れんこん』はビタミンB12を含んでいるので鉄分の吸収を助ける働きをするそうです。ビタミンCも多く、デンプン質のため火を通しても分解されにくいんだとか。
『ひじき』の他に鉄分を多く含む食品は、小松菜や大豆食品。


関連タグ : ひじき, れんこん,


今日の晩ごはん


今日の≪作り置きメニュー≫2品目は、『生わかめの佃煮』です。

私が大好きな逸品です。(=^^=) 簡単で日持ちがするので次回はもう少し沢山作っておこうと思います。(^v^)


生わかめの佃煮


☆材料☆
・生わかめ
・ごま油:大さじ1杯
・醤油
すりごま


☆作り方☆

1.わかめは洗って水を切り、2~3cmくらいに切ります。
2.土鍋にごま油を敷きます。
  火をつけて中火にし生わかめを入れて炒めます。

3.わかめの色が変わったら、お醤油を加えしばらく煮詰めます。(お醤油の量はお好みで。)
4.お皿に盛り上からすりごまをかければ出来上がりです。

※常温でも良いですが、冷蔵庫で保存した方がもちます。



☆豆知識☆
ザッと『わかめ』の栄養価について調べてみました。
『わかめ』は、ヨウ素、カルシウム、カリウム、アルギン酸、コフダインなどの栄養素を多く含んでいるそうです。

・ヨウ素→『かじめ』の中で書きましたが、加えて精神をも安定させてくれるそう。
・カルシウム→骨を丈夫にする。
・カリウム→体内の塩分を排出しむくみをとる。
・アルギン酸→大腸の働きを活発にして便通を促す。
・コフダイン→免疫を向上。

がん細胞を死滅させたり、がんの発生・進行を抑えたり、
血中コレステロール値を下げ、動脈硬化や心筋梗塞を防ぐ効果もあると言われているのだとか!!

『わかめ』って優れものだったんですね。驚きです!!\(◎o◎)/!
毎日摂取して心身共に健康になりたいものです。(^ ^)

関連タグ : わかめ, すりごま,


今日の晩ごはん


今日の≪作り置きメニュー≫は、『かじめ』です。
『かじめ』にお醤油をかけてただ混ぜるだけ。簡単です!(^_-)-☆
わるくなるので、5日間くらいで食べてしまわないといけませんが、
ねばねば系がお好きな方はかなりおススメです。


かじめ1

☆材料☆
・かじめ
・醤油
・すりごま


☆作り方☆

1.かじめにお醤油を加えてとすりごまをかけます。
2.お箸でよくかき混ぜれば出来上がりです。

※冷蔵庫で保存してくださいね!
※『かじめ』を生で食する場合は、消化が悪いので一度に沢山食べない様にして下さいね。



☆豆知識☆
『かじめ』は、カルシウムヨウ素を多く含んでいるそうです。
ヨウ素って??・・と思ったので、Wikiで調べてみると
 ↓
ヨウ素とは、体内で『甲状腺ホルモン=(代謝率を上昇させる働きをもつホルモン)』を合成するのに必要な元素。で、人にとっては必須元素だそうです。
ということは、美容に良さそうですね。(^▽^喜)

関連タグ : 醤油, すりごま, かじめ,


こんばんわ、
青菜です。(^∇^)


チェリは毎日、スクスクと健康に成長しております。

離乳食も始まりました。
まだ早いのではと心配していましたが問題はない様です。(@^∇^@)

はじめての離乳食を食べるチェリ1 → はじめての離乳食を食べるチェリ2 → はじめての離乳食を食べるチェリ3

チェリの抱き癖はまだまだ治りませんが、
自然と少しの時間ではありますが、一人で遊べる様になってきています。
こういった時間が少しづつ長くなっていくのではと無理に『抱き癖』を直そうとしていません。

ただ問題なのは、『家事』です。
チェリは一緒に寝てあげると長く寝てくれるのですが、
私が何か仕事をしようとそ~とベッドから離れていなくなると
すぐに起きてしまいます。そうなるとおんぶをするのですが、
最近チェリはだいぶん重た~くなってきているので
毎日長時間おんぶをして家事を行うのは難しくなってきました。

1品~2品ほど『作りおき』をしておけばだいぶん楽になるのではと思い
保存食や煮物を多めに作るなどしていくことにしました。

食べ物は、心身を作るといいます。
毎日健康につながるよさげな食べ物をおいし~く食べたいですよね!
最近これ忘れていました。(^_^;)
初心に帰って、毎日の『晩ごはん』を見直していこうと思います。

頑張るじょ~ p(*゜▽゜*)q


関連タグ : 離乳食, 作りおき,


こんばんわ、青菜です。


ここ一週間、わたくし青菜は歯痛で寝込んでおりました。  (;´Д`A ```
歯が痛いってツライですよねぇ~ (T_T)...+
PC立ち上げることもなく、ブログもずっと停滞しておりました・・・


しか~し、チェリは前進あるのみでございます!!
5ヶ月目を迎えた日の翌日3/13に、
離乳食始まりました。

最近、私が何かを食べているとお口をもごもご・・
『うーうー・・』と食べたそうにじっと食べているものをガン見みていたチェリ。


お祖母ちゃん) もうそろそろ離乳食始めてみてもいいんじゃない。


とお祖母ちゃん、お味噌汁を白湯で少し薄めてチェリ用のお味噌汁を作ってくれました。
それをスプーンですくってチェリのお口に・・・


チェリ) ちゅるちゅるごくんっ


美味しそうに飲んでくれました。
初めて口にするお味噌汁の味に、しばしうっとり..
もちろんお祖父ちゃんが作ったお味噌を使っているので安心してチェリに食べさせることができます。(*^。^*)


しばらく味の余韻に浸っていたチェリですが、
・・が!!

チェリがガッツキはじめました。
もっとくれもっとくれと声を荒げて狂ったように欲求します。

そ・・そんなに美味しいの!?
っていいうかそんなに食べたかったの???


私は驚きあせりながらもお味噌汁をスプーンにとり
チェリのお口に運びますがもたもたしているのでチェリの欲求に間に合いません。

赤ちゃんに離乳食を与えるのってこんなに忙しいものなの~っ。 。゚(゚´(00)`゚)゚。ぶひぃーん



関連タグ : 離乳食,

こんばんわ。
青菜です。

最近、私がご飯を食べていると
チェリはお口をもごもごさせるようになりました。
歯もチラッと生えかけているし~

もうすぐ離乳食の時期がきてるのかなぁ!?

先日、知り合いのおばちゃんが来て言ってました。
『まずはお味噌汁の上澄みを飲ませたらいいよ!』

チェリにおっぱいとお茶以外のものを与えるなんて・・
どきどき、わくわく。
なんだか緊張します。 ||*´゚Д゚)。o○(ドキドキ)



今日の晩ごはん

今日は、『かた焼きそば』です。


かたやきそば



●材料●(4人分)
かた焼きそばの麺:4人分
キャベツ:80g
にんじん:45g
しめじ:60g
もやし:90g
ねぎ:20g
・ごま油:大さじ2杯
・塩:少々
・こしょう:少々
・水:500cc
かるなぁ中華だし:1袋
・酒:大さじ2杯
・濃口醤油:大さじ2杯
てんさい糖:大さじ3杯
・片栗粉:大さじ3杯

~作り方~

1.キャベツは大きめに切り、にんじんは千切りにします。しめじは石づきをおとし適当な大きさにほぐします。

2.フライパンにごま油大さじ1杯を敷きキャベツを炒めます。
  キャベツに少し火が通ったらにんじんしめじを加え塩こしょうをします。
  次にもやしを加えて更に炒めます。

3.2へ水500ccを加え、かるなぁ中華だしを1袋と、酒:大さじ2杯、濃口醤油:大さじ2杯、てんさい糖:大さじ3杯を加え味を付けます。

4.3へ同量の水で溶いた片栗粉(大さじ3杯)を少しづつ加えながら混ぜとろみを付けます。

5.とろみがついたら小口切りにしたねぎを加え、ごま油を大さじ1杯鍋はだから加えて一煮立ちさせます。

かたやきそば1


6.お皿にかた焼きそばの麺をほぐしてのせ、5を上からかければ出来上がりです。

かたやきそば2


 パパは甘辛い味付けが好きなので、少し甘めにしてみました。甘党ではない方はお酒とてんさい糖は入れなくても美味しく食べられると思いますよ。



関連タグ : キャベツ, しめじ, にんじん, もやし, ねぎ, てんさい糖, かるなぁ, 中華だし, かた焼きそば,


今から14年前、ベジタリアンになろうと模索していた時のことです。

自然食品店に行くと、小麦や大豆のグルテンでできたお肉の代用品が何種類か置いてありました。
・・・が、マヨネーズはありません。

「卵を使ってない植物だけで作ったマヨがあったらもっと料理の幅が広がるのになぁー」
と思っていたら、そのうち『豆乳でできたマヨネーズ』というものを目にするようになりました。

やったー!! と思ってちょっと高いけど買ってみましたが・・
見た目はマヨ?味は豆腐。という感じ。

私の中でマヨネーズは『食べれないもの。植物だけでは作れません!!」
と諦めていました。

・・・が、今から7年前でしたか、
その頃知り合いになったベジ仲間が『日清 マヨドレ』を教えてくれました。

なんと普通のスーパーに売っているとのこと。

「えー ホントにマヨネーズの味がするの~??」
と疑いつつもマヨドレを探しに行きました。

・・が売ってない!!

いくつかスーパーを回ったのですが売ってない。
何日かかけてやっと見つけて買って来ました。

なめてみると、「マヨネーズだー!!マヨネーズの味がする~ん♪」
正真正銘のマヨの味でした!!

それ以来、どうしてもマヨネーズが食べた~い
ってときにはこのマヨドレを使っています。

『日清オイリオ』さん、ありがとうございます。感謝。(*≧∇≦)/ 


関連タグ : マヨドレ,

今日の晩ごはん

今日は、『ポテトサラダ』です。

久しぶりに、『日清 マヨドレ』でポテトサラダを作りました。



ポテトサラダ


●材料●(4人分)
じゃがいも:400g
玉ねぎ:100g
にんじん:25g
ピーマン:1個
・塩:少々
・こしょう:少々
マヨドレ:適量

~作り方~

1.土鍋(普通の鍋でもいいですよ。)に湯を沸かしじゃがいもを皮ごと湯がきます。
  竹串などで刺してみて中まで通ったら湯から出して皮を剥きボールに移して潰します。

2.玉ねぎはスライスし、ピーマンにんじんは細く千切りにして塩もみし水気を絞っておきます。

3.潰したじゃがいもに2を入れてマヨネーズで和え塩こしょうで味を整えます。

4.お皿にレタスを敷いてその上に3を盛り付ければ出来上がりです。





関連タグ : じゃがいも, 玉ねぎ, にんじん, ピーマン, マヨドレ,

ベジタリアンのための菜食食材ショップ かるなぁで試しに買ってみた『発酵豆乳入りマーガリン』・・はまりました!!

発酵豆乳入りマーガリン

パンにつけても
お餅につけても
クラッカーにつけても・・

お・美味しい  д?)ウマー

しかーし、
サイズが小さい。
180gしか売っていないのです!・・・ ( ̄∩ ̄#

これよりも大きなサイズのものが実はあるのではないか?
販売元で調べたら『かるなぁ』よりも少しお安く手に入れることができるのではないか?

・・と思い販売元の株式会社創健社のHPへ行ってみました。

結果、サイズは180gのみでお値段は1円安いだけでした。(_ _|||)





関連タグ : 発酵豆乳入りマーガリン,

今日の晩ごはん

今日の2品目は、『混ぜご飯』です。

先日のチェリの初節句でちらし寿司をしたのですが、
なぜか今日は同じようなものですが、『混ぜご飯』が食べたくなりました。



混ぜご飯

●材料●(4人分)
・お米:3合
・水:カップ3杯
・昆布:10cm角×2枚
<具>
ごぼう:30g
にんじん:20g
こんにゃく:40g
高野豆腐(3cm×5cm):1個
コーン:適量 → (去年の夏に収穫したものを茹でて冷凍していたものを使いました。)
・ごま油:大さじ1杯
・昆布だし:適量→(土鍋に水と昆布を入れて4時間程つけておきます。)
・薄口醤油:適量

~作り方~

<土鍋でご飯を炊きます。>
1.土鍋に研いだお米3合と水を3カップ入れて、上に昆布10cm角を2枚置き蓋をして20分ほど置いておきます。

混ぜご飯1

2.1を火にかけ沸騰してきたらできるだけ弱火にして木栓をします。
  15分したら火を止めて10分間蒸します。

混ぜご飯5

<具を作ります。>
2.ごぼうはささがきし水にさらして水を切っておきます。にんじんは細かく切ります。
  こんにゃくは湯通しして細かく切ります。高野豆腐は水で戻しこれも細かく切ります。

3.土鍋(フライパンでもいいですよ。)にごま油を敷いてまずごぼうを炒めます。
  ごぼうを良く炒めたら、にんじんこんにゃくを加え炒めます。

混ぜご飯2 → 混ぜご飯3

4.3へ高野豆腐を加えて具が少し浸るくらいまで昆布だしを入れ薄口醤油で濃いめに味をつけたら中火にし、
  汁が少なくなるまで煮ます。火を止める直前にコーンを入れます。

混ぜご飯4

5.ご飯に具を入れてざっくり混ぜ合わせれば出来上がりです。

混ぜご飯6

 混ぜご飯のときのお米とお水の配分は1:1です。ちなみに白ご飯のときも同じですね!





関連タグ : にんじん, こんにゃく, 高野豆腐, ごぼう, コーン,

今日の晩ごはん

今日の1品目は、『煮物』です。
大根と刻み揚げを使いました。



煮物(大根、刻み上げ)



●材料●
・大根:300g
刻み揚げ:適量
・水
かるなぁ和風だし:適量
・薄口醤油:適量

~作り方~

1.大根は大きめに乱切りします。

2.土鍋に大根と刻み揚げを入れて水を具が浸るくらいまで注ぎます。
  火をつけて中火にし沸騰してきたらかるなぁ和風だしと薄口醤油で薄めに味をつけます。

3.大根に味が浸みたら出来上がりです。


 今日の大根はすじがありました。硬そうなところはとっておいたのですが
このくらいはいいかなぁととらずにいたところも少し硬く食べにくかったです。
この時期は気を付けなけらば・・ですね!



~今日のお味噌汁~

今日のお味噌汁は、『じゃがいも』と『刻み揚げ』を入れました。
お味噌は、おじいちゃんが作った米味噌と麦味噌の合わせ味噌です。

久しぶりのお味噌汁だったのですがやっぱりいいですね~。
今日も美味しく頂きました!





関連タグ : だいこん, 刻み揚げ, かるなぁ, 和風だし,

今日の晩ごはん

今日の2品目は、『韓国風しいたけの葉野菜包み』です。

この料理は、知り合いの韓国人Yさんが日本に遊びに来たときに作ってくれたものです。

その時は、肉厚のしいたけを1個丸ごと揚げていたのですが、
今日のしいたけは平らで大きかったので半分に切って揚げました。



韓国風しいたけの葉野菜包み



●材料●(2人分)
しいたけ:5個
レタス:10枚
・小麦粉:適量
・塩:少々
・水:適量
・なたね油:適量
<つけだれ>
ごま油
・塩

~作り方~

1.しいたけは半分に切ります。

2.小麦粉に塩を少々加えて水で溶きます。その中にしいたけを入れて衣をつけます。

韓国風しいたけの葉野菜包み1

3.180℃~200℃の油でカラッと揚げて、キッチンペーパーなどで油を切ります。

韓国風しいたけの葉野菜包み2

4.1枚1枚剥いておいたレタスとしいたけをお皿に盛ります。
  つけだれは、ごま油に塩加えて小皿に注ぎます。

5.しいたけをレタスに包んでつけだれで食べます。

 本当はサニーレタスか韓国野菜のサンチュが欲しかったのですが、
行ったお店になかったので普通のレタスにしました。・・が思ったより美味しく頂くことができました。



関連タグ : レタス, しいたけ, ごま油,

今日の晩ごはん

今日の1品目は、『コーンスープ』です。

先日の『きのこのドリア』で使った牛乳が残っていたので何かに使わないと・・と思いコーンスープを作ることにしました。



コーンスープ


●材料●
バター:15g
玉ねぎ:100g
・小麦粉:大さじ3杯
牛乳:400cc
・水又は昆布出汁:400cc
生クリーム:200cc
かるなぁ洋風だし → ベジタリアンのための菜食食材ショップ かるなぁ
・塩:少々
コーン:適量

~作り方~

1.土鍋にバター15gを入れて火をつけ弱火にします。みじん切りにした玉ねぎを入れて良く炒めます。

コーンスープ1

2.1へ小麦粉を大さじ3杯入れて粉っぽさがなくなるまでヘラで混ぜていきます。

3.少し温めた牛乳を2へ少しづつ加えながら混ぜます。
  牛乳を全て混ぜてしまいとろみが出てきたら水又は昆布でとっただし汁を少しづつ加えながら混ぜます。

コーンスープ2

4.水又はだし汁を全て入れたら生クリームを加えて、かるなぁ洋風だしを1袋を入れ、塩で味を整えます。

5.4へコーンを入れて蓋をして火を消ししばらく置いておき土鍋の荒熱が取れたら出来上がりです。

コーンスープ3



 私は小さいころ、コーンスープが大好きでした。
お母さんが夕食に作ってくれると鍋いっぱい食べていたのを覚えています。

完全ベジタリアンになってはや8年が過ぎ、はじめのころは乳製品もとってなかったことと
コンソメが使えないので今までは自宅でコーンスープを作ることはありませんでした。

今回、『かるなぁ洋風だし』を使って作ってみたところ、子供の時に食べたあの懐かしい味に仕上がり大満足でした。




関連タグ : バター, コーン, コーンスープ, 牛乳, 生クリーム, 玉ねぎ, かるなぁ, 洋風だし,

今日の晩ごはん

今日は、『ちらし寿司』です。

今日は、チェリの初節句。
今年はチェリは食べれないけど、ママがいっぱい食べておっぱいにするからね~



ちらし寿司



●材料●(4人分)
<すし飯>
・お米:3合
・昆布:10cm角×2枚
梅酢:60cc
<具>
にんじん
しいたけ
れんこん
ごぼう
生麩こうふう
・ごま油:大さじ1杯
・昆布だし:適量→(土鍋に水と昆布を入れて4時間程つけておきます。)
・薄口醤油:適量
<トッピング>
・刻み海苔:適量
ふきのとう:適量

~作り方~

<すし飯を作ります。>
1.昆布10cm角を2枚入れてご飯を3合炊きます。水加減は普段より少し少なめにしてください。
  ※最近は炊飯ジャーにすし飯の水加減の印がついてあるものもあります。
   昆布はご飯の上に置いてくださいね。

2.ごぼうはささがきし水にさらして水を切っておきます。
  にんじんしいたけれんこん生麩こうふう)を細かく切ります。

3.土鍋(フライパンでもいいですよ。)にごま油を敷いてまずごぼうを炒めます。
  ごぼうを良く炒めたら、にんじんしいたけれんこん生麩こうふう)を加え炒めます。

4.3へ具が少し浸るくらいまで昆布だしを入れて薄口醤油で味をつけたら中火にし、
  汁が少なくなるまで煮ます。

5.ご飯がたけたら、すし桶へ移し梅酢を入れます。
  梅酢は一度に入れずに少し残し、味を確かめながら残りを入れてくださいね。
  ご飯を切るように混ぜ荒熱をとります。

6.5へ3を入れてざっと混ぜ合わせます。

7.お皿に6を盛り、刻んだふきのとうと刻み海苔をかければ出来上がりです。


 お祖父ちゃんが山からふきのとうをまた採ってきてくれました。
季節の香りをパラっとのせて今日はちょっと贅沢なちらし寿司でした。





関連タグ : にんじん, れんこん, しいたけ, 生麩, こうふう, ごぼう, ふきのとう, 梅酢, ちらし寿司,

今日の晩ごはん

今日は、『きのこのドリア』です。
先日のカレードリアが好評で今日はホワイトソースを使ったドリアに挑戦してみました。



きのこのドリア



●材料●(4人分)
バター:10g
・オリーブオイル:大さじ1杯
玉ねぎ:120g
にんじん:60g
しめじ:120g
・塩:少々
・こしょう:少々
ご飯:3合
・チーズ:適量
・パン粉:少々
かるなぁ洋風だし:半袋

ホワイトソース
バター:30g
・小麦粉:大さじ6杯
牛乳:800cc
かるなぁ洋風だし:半袋

~作り方~

1.玉ねぎにんじんは細かく切ります。しめじは石づきをおとし小さめにほぐします。

2.フライパンに、バター:10gとオリーブオイル:大さじ1杯を入れて玉ねぎを炒めます。
  次ににんじんしめじを加えさらに炒めます。かるなぁ洋風だしを半袋入れて塩コショウで味を整えます。

きのこのドリア5 → きのこのドリア6 → きのこのドリア7




ホワイトソースを作ります。>
3.土鍋にバター:30gを入れ火をつけます。
  少しバターが溶けてきたら火を弱めて小麦粉を大さじ6杯加え粉っぽさがなくなるまでヘラで混ぜていきます。

きのこのドリア1 → きのこのドリア2 → きのこのドリア3


4.少し温めた牛乳を3へ少しづつ加えながら混ぜます。牛乳を全て混ぜてしまいとろみが出てきたら火を止めてしばらく土鍋の荒熱が冷めるまでヘラで混ぜます。

きのこのドリア4

5.グラタン皿を水で塗らしたら、2で炒めたご飯を盛ります。その上からホワイトソースをかけチーズをのせます。最後にパン粉をパラパラと落とします。

きのこのドリア8 → きのこのドリア9 → きのこのドリア10



6.オーブンで焼き色がつくまで焼いたら出来上がりです。

 土鍋でホワイトソースを作るときは、弱火にしておいてください。土鍋はいっきに熱が上がるので焦げないように注意してくださいね!

バター牛乳をたくさん使っちゃったので、おっぱいの質が少し気になりますが・・。   
パパが喜ぶのならたまにはいいかな。



関連タグ : にんじん, しめじ, 玉ねぎ, バター, ご飯, 牛乳, ホワイトソース, かるなぁ, 洋風だし,

今日の晩ごはん

今日の2品目は、『揚げたし豆腐』です。


揚げたし豆腐



●材料●(2人分)
豆腐:1丁
・片栗粉:適量
・なたね油

<つゆ>
・水:適量
・かるなぁ和風だし:少々
・薄口醤油
※天ぷらのつゆと同じです。

~作り方~

1.豆腐は良く水を切り片栗粉をまぶします。

揚げたし豆腐1

2.1の豆腐を油で外側がカラッとするまで揚げ、キッチンペーパーなどで油を切ります。

揚げたし豆腐2

<つゆ>
3.鍋に水を入れて火にかけます。かるなぁ和風だしと薄口醤油で味を整えます。

4.お皿に揚げた豆腐を載せます。つゆをかけて刻んだねぎと刻みのりを上にのせれば出来上がりです。

 




関連タグ : 刻みのり, 豆腐,

今日の晩ごはん

今日の1品目は、『天ぷら』です。
今回は、いんげんブロッコリーゆきのしたを天ぷらしました。



天ぷら(いんげん、ブロッコリー、ゆきのした)


●材料●
天ぷら(いんげん、ブロッコリー、ゆきのした)1

いんげん
ブロッコリー
ゆきのした
・小麦粉
・塩
・なたね油

<つゆ>
・水:適量
・かるなぁ和風だし:少々
・薄口醤油

~作り方~

1.いんげんはへたとしっぽをとります。ブロッコリーは食べ易い大きさに切ります。

2.ボールに塩を少々加えた小麦粉を水で溶いておきます。

3.溶いた小麦粉に野菜をつけて、油でカラッと揚げキッチンペーパーなどで油を切ります。

<つゆ>
4.鍋に水を入れて火にかけます。かるなぁ和風だしと薄口醤油で味を整えれば出来上がりです。


 ブロッコリーの天ぷらはじめてしてみました。ホクホク甘くてつゆをつけて食べるとご飯にとっても合いました。




関連タグ : いんげん, ブロッコリー, ゆきのした,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。